空間認知できる?〜豊橋×跳び箱×鉄棒〜

 

こんばんは

 

みなさんのお子さんは

家の中でゲームばかり

外でもゲームばかりになっていませんか?

 

最近は幼稚園の子でもスマホやテレビゲームで遊ぶのが多いみたいで、、、

 

ゲームだけでなく身体を動かして遊ぶということもしてほしいです

 

外で遊ぶことで子どものときに養われる「空間認知能力」が育たなくなってしまうからです。

 

空間認知能力とは自分と物や他者との距離感を感じとる能力です。

 

例えば自分がどのくらいの広さの場所にいるのか、壁までの距離はどのくらいか、相手との距離はどのくらいあるのか。その距離に対しどのくらいのスピードで走ればいいのか、どのくらいの声の大きさで相手に届くかなど見えている部分から予測を立て全体をとらえ感じとります。

 

また、様々な環境や条件で体を動かすことでその時の状況に応じた動きを体で覚えることで

動きと関係のある大脳皮質といわれる脳の部分が刺激されるので脳の発達にもつながります。

 

空間認知能力をアップさせる方法をいくつかご紹介したいとおもいます

・お家の方に手をつないでもらった状態で目をつぶって歩く

・今いるところから壁まで何歩でいけるか予想して実際にあるいてみる

・信号待ちのときに赤信号の間は片足立ちをしてみる

・片目だけ隠しておもちゃを片付ける

など家でも外でもできそうなもの色々あるのでやってみてください

 

この空間認知能力は競技においても例えばボールを投げる場合相手に届くまでに必要な距離やどのくらいの歩数でいけるかなど予測する場面は多々あります。

 

その能力が特につくのが幼児期〜だいたい小学校低学年と言われています

その大事な時期にゲームばかりではもったいないですよね?!

 

お父さんお母さんも運動不足解消に?お子さんとお外でカラダをうごかしてください(^○^)