支えるチカラ

 

最近の子どもは転んだときに手が出ず顔面から落ちてしったり

手が出ても支えきれず顔などに怪我してしまうという子が多いといわれています

みなさんのお子さんまたは身内の子どもはどうですか?

 

これは

・遊びや運動のなかで自分の身体を支える経験が少ない

・支える腕の力がない

・反応できない

など様々な原因があります。

 

また、自分を支えることができないと転倒時のリスクだけでなく

マット運動での側転、倒立や跳び箱で飛ぶときなどができない原因にもなってきます。

上記の運動以外にも自分の体重を支えながら行うことは多々あります。

 

今回は家でもできる腕の支える力を養う運動を紹介します。

くま歩き

四つんばいになり、お尻をあげて歩きます。

歩く方向は前後に歩いたり横にあるいたり色々な方向に歩いてください

ただ歩くだけでなくこの状態で親子でジャンケンしたりも良いですね

また、背中の下の方に靴やぬいぐるみなどをおいて落ちないように歩くと

背中をまっすぐのしたまま歩くので体幹の運動にもなります。

逆壁さかだち

脚のほうから壁に歩いて最終的に逆立ちの形になります

この状態をキープします。最初は5秒とかキープする秒数を短めにして

少しずつ長くしていきましょう。この時こどもに数えさせることで

自分がどれだけできたのか実感できるので達成感やできた嬉しさなどが味わえるので

親だけでなく一緒に数えていきましょう

 

かえるの足叩き

写真の体勢からお尻をあげて脚の裏どうしをたたきます。

 

 

これは支える力があまりないと顔を打つ子もいるので(笑)最初は布団の上など

柔らかいところで行ってくださいね

これも叩く回数をだんだん増やしていきましょう

 

 

回数はいきなり多いと失敗がつづいて子どもも嫌になってしまう場合もあるので

少ない回数から行いましょう!成功する回数が多いと自信にもつながり

やる気にもつながります

 

怪我をしにくい身体づくりのためにも是非やってみてください★

 

キッズトレーニング

↑詳細はこちらから

アスリ-トサポ-ト豊橋

トレ-ニング&ケア  〜情報発信中〜

 こちらをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アスリ-トサポ-ト豊橋

登録はこちらのIDで

友達追加してください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

@mmc5453n

  営業時間のご案内

平日

10:00〜14:00

   ※13:00最終受付

:17:00〜21:00

 ※20:00最終受付

土曜

10:00〜18:00

休み

:日・祝祭日

 トレーナー活動日

トレーニングセンター

いちゃりば鍼灸治療院

お客様の声

 目的別メニュー

豊橋市 いちゃりば鍼灸治療院
豊橋市 いちゃりば鍼灸治療院
豊橋市 リハビリ
豊橋市 リハビリ
豊橋市 トレーニングスペース
豊橋市 トレーニングスペース


アスリートのケア/トレーニング
アスリートのケア/トレーニング
豊橋市 インソール工房
豊橋市 インソール工房

問い合わせ先

0532-69-5655

問い合わせフォーム

神谷のトントンブログ

 不定期更新です...(笑)

パフォリハTwitter